サブメニュー

モビットのカードを早くに受け取る

モビットは消費者金融の中でもカードの発行や受け取りまでが早いと評判で、ネットでのWeb契約となるとそこまで早くにローンカードが受け取れるわけではありまんが、無人のブースで手続きが行える契約機となるローン申込機を利用する場合においては、最短即日でモビットカードが受け取れます。

 

月曜日から金曜日の平日はもちろん、土曜日や日曜日、祝日や祭日でもモビット自体は営業をしているので、ローン申込機の対応可能時間内なら当日のその日のうちにすぐにカードが受け取れます。

 

年末年始などの一部の期間においてはモビットが休業となるために対応ができない場合がありますが、それ以外の日にちであれば平日も週末も、今日にカードが必要といった希望もモビットであれば満たせるようになっています。

 

モビットで借りよう

 

ローン申込機でできること

モビットのローン申込機では契約手続きだけでなく、申し込み自体も行えるようになっています。ただ、申し込み自体はパソコンやスマートフォン、タブレットや携帯電話などのネットでのオンライン上で進めたほうが良く、より早くに素早くモビットでの手続きを進めるならWeb申し込みが基本となります。

 

Web申し込みなら書類への記入も必要がないので、字を書くのが苦手な方、面倒に感じるといった方でも申し込みやすい利点があります。また、空いた時間、暇な時間にいつでも申し込みができるのがモビットの魅力でもあるため、夜の時間でも早朝でも、思い立ったときに素早く手続きが進められます。

 

審査の回答に関してはモビットの審査可能時間内に限られますが、予め空いた時間に申し込みを済ませておけば審査もそのうちに始まります。審査結果の連絡はモビットでは多くはメールとなり、何か確認事項がある際に関しては電話がかかってくる場合がありますが、審査が完了次第でメールなどで連絡が来るので手間がかからないのです。

 

電車やバスの中でも申し込める

モビットはWeb上での申し込みが進めやすい、Webサービスに優れた貸金業者、消費者金融となっています。他のカードローンやキャッシングサービス、クレジットカード等に比べて審査に進む段階までの入力項目が少ないのが特徴で、ちょっとした時間でもスムーズな申し込みを可能としています。

 

その他の必要事項や入力内容に関しては、モビットのネットでの仮審査が完了した後に行います。仮審査に落ちてしまう結果となったのに多くの項目を入力するのは手間がかかりますが、モビットでは通過をした後、審査でOKとなった後での入力で良いので無駄がありません。

 

最終的に必要となる項目や内容に関してはモビットも他の消費者金融も大きな違いはありませんが、触りともいえる部分の申し込みの段階であれば、モビットは項目を減らした軽い負担での手続きが進められるようになっています。

 

カードを早くに受け取る

モビットでの契約を早くに進め、今すぐにでも現金を借りたい、お金が欲しくて必要となれば、契約機となるローン申込機でのカード受け取りを進めてください。モビットのローン申込機は人目につきにくい場所に設置がされている場合が多く、中がどうなっているかは外からは見えないので安心です。

 

東京都内であれば多数の設置があり、23区内外問わずに色々な場所にモビットのローン申込機があります。また、東京都以外にも周辺の埼玉県や神奈川県、群馬県といったあたりにもいくつかの設置があります。

 

その他にも北海道や沖縄県でもモビットの素早い契約とカードの発行が可能であるため、例えば旅行に来ていてついつい使いすぎて手持ちのお金が足りなくなってしまった場合などは、その場所にあるモビットのローン申込機を利用すれば最短即日の利用開始も可能です。

 

沖縄県ならモビット那覇市で見てもいくつかの設置があり、その他にも沖縄市、浦添市、うるま市、嘉手納町などにもローン申込機が設置されています

 

どこにいても素早く借りられるのがモビットの大きな魅力、良さ、人気の理由でもあるので、すぐにでも手元に現金が必要となってしまった場合、金欠で困った場合にはまずはWebでのモビットの申し込みを進めてみると良いでしょう。

 

モビットの審査に通るために

早くに借りるとは言っても、モビットの審査に通らないことにはどうにもなりません。モビットは審査基準を公開、公表しているわけではないので詳しい部分に関しては不明ですが、消費者金融で借りる上での基本となる部分に関しては、しっかりと抑えた上で申し込みをしないとモビットの審査にも通りません。

 

まず必ず知っておくべきは総量規制です。貸金業法で定められている年収に対する借り入れの制限で、3分の1を超えての借り入れは利用ができません。住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどの目的ローンは範囲には含めず、あくまでプロミスやアコム、アイフル、ダイレクトワンなどの消費者金融からの借り入れが対象となります。

 

信販系業者のキャッシング、クレジットカードでのキャッシング利用も対象となるため、他社での借り入れが多い方はモビットへの申し込み時点でしっかりと確認をするようにしてください。

 

その他の基本となる部分は、モビット以外への多重申し込みしないといった点です。何社も同時に申し込むと信用情報機関のCICに情報の照会履歴が半年間記録され、審査ではマイナスにネガティブに扱われることとなります。結果としてモビットの審査にも落ちてしまう可能性があるので、十分に注意をして申し込みを行うようにしましょう。

 

モビットの審査は比較的厳しい

消費者金融の中でもモビットは審査の基準やボーダーが厳しいとされており、アルバイトやパート、派遣社員の方では借りにくいとも言われています。年齢や年代についても若年層は不利となっている傾向にあり、20代や30代前半の方では審査に通りづらくなっている声もあります。

 

逆に消費者金融では一般的に不利とされる50代や60代の安定した方はモビットの利用ができる可能性があり、どちらにしても自分自身で本人が安定した毎月の収入を得ている必要がありますが、正社員や公務員といった安定した職業のほか、自営業者や事業主であるとしてもしっかりと収入が安定しているのであればモビットで借りられるようにもなります。

 

消費者金融だからとモビットの審査を甘く考えるのではなく、どちらかと言えば銀行での審査、保証審査といった気持ちぐらいで考えておくのが良いです。実際にモビットは地方銀行のカードローンにおける保証会社として審査を多く行っていた背景もあるので、消費者金融よりも銀行に近いと言えるのです。

 

金利に関しては消費者金融に近い

ただ、金利の条件に関しては銀行には近くはなく、消費者金融のものとなります。モビットの上限金利は18.0%と決して低くはなく、中堅消費者金融と比べても差がありません。

 

しかし、上限だけで見れば差がない金利も、モビットは限度額が最高で800万円と大きくなっているので、総量規制の範囲内である程度の金額が借りられるのであれば、低金利での借り入れが可能となるケースもあります。

 

金利と限度額には大きな関係があるので、より低い金利で毎月の返済の負担、利息の支払いを減らしたい、完済までに支払う金額を少なくして返済期間も短くしたいと考えるなら、ある程度の金額をモビットで借りられるように進めてみると良いでしょう。

 

そのためにはモビットで初回でいきなり好条件を求めるのではなく、実績と信用を積み重ねた限度額の増額が欠かせません。モビットの初回契約時にお金をすぐ借りる際にはどうしても10万円や20万円の少額の上限金利での契約となる場合が多いですが、実績を重ねて上限金利での契約となれば金利も低下する、下がる可能性があります。

 

初回は条件が悪いとしても我慢をしてモビットのキャッシングを利用し、ある程度の好条件となってから大きな金額を借りるなどをしたほうがモビットでの賢い借り入れも可能となるでしょう。